一般歯科

虫歯と歯周病の治療を行います。治療の大前提として患者様が豊かで快適な生活を送れるよう考えています。
そのため基本的に可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針をとっています。
治療の内容、順序や期間に関しましては、それぞれの患者様にあった治療を説明し行うようにしています。
また歯科治療は痛いものと先入観を持ち歯医者嫌いの方が多くいらっしゃると思います。出来るだけ痛みのない麻酔の必要のない治療をと考えています。また麻酔が必要な際には、 表面麻酔や、鎮静法などを用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療に努めております。(ただし炎症急性症状の場合 お痛みを取りにくいときもあります)

虫歯の進行について

C1

image1.jpeg歯の表面にあるエナメル質に小さな穴があいてきます。痛みなどの自覚症状がほとんどないので、気づかないこともあります。小さな虫歯の場合は、簡単な処置で治療が終了します。

 

 

C2

image2.jpegエナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進行した状態です。甘いものや冷たいものがしみるようになってきます。
細菌に感染した象牙質を取り除き、そこにプラスチックや金属を隙間なく詰めます

 

 

C3

image3.jpeg歯の神経やその近くまで、虫歯が進行しています。歯の中の神経が炎症を起こしているので、非常に強い痛みを感じます。
治療は、歯の中の神経を取り除く必要が出てきます。

 

 

C4

image4.jpeg歯全体に虫歯が進行しています。神経が壊死してしまい逆に痛みを感じなくなります。歯の根の先に膿がたまったり、歯の周りにも病気の影響が及び、歯を残すことが難しくなります。

 

 

 

歯周病の進行について

G(歯肉炎)

image5.png歯肉炎は歯周病の始まりで歯肉に限局して炎症が起こっています。歯ぐきが多少赤くなり、歯を磨いたりリンゴをかじると出血することがあります。見ただけではわからないこともあります。

 

 

P(軽度)

image6.png歯周ポケット(歯肉と歯の間の隙間)が深くなり嫌気性菌である歯周病菌が生息しやすい環境で、プラークが付着、増加しやすくなります。このため周りの組織がより深く破壊されポケットが深くなるようになります。

 

 

P(中程度)

image7.png歯周ポケットが深くなり歯根の長さの半分以上に歯槽骨が吸収され歯がぐらついてきます。固いものが噛めなくなってきます。

 

 

P(重度)

image8.png歯が自然に抜けることがあります。

 

 

 

カリソルブ・ペリソルブ

カリソルブ

image9.jpegむし歯が出来て歯科医院を受診したら、むし歯治療が行なわれます。そんな時は、キーンという音のする機械でむし歯を削って詰めて治すイメージがあると思います。
カリソルブ治療は、むし歯の部分に特殊なジェルタイプの薬を塗って、むし歯を溶かして治す新しいむし歯治療法です。しかも、この薬は、正常な歯の部分には影響しないという特徴を持っており、むし歯の部分にしか作用しません。カリソルブでは、薬剤で溶かした歯質の部分をドリルではなく、専用の器材を用いて手で除去するため、痛みや不快な振動を感じることがないのです。

 

 

ペリソルブ

image10.jpeg歯周病の原因である歯垢(プラークまたはバイオフィルム)や歯石を専用の薬剤ペリソルブを塗布して除去する治療法です。ペリソルブを使った歯周病治療は、治療中のお口の中を清潔に保ち、様々なリスクを回避し、健康な歯と歯茎を維持することができます。

 

歯周病はどなたもなる可能性がある身近な怖い病気です。ペリソルブなら痛みもないので安心して治療を受けることができます。歯の健康を守ることは全身の健康を維持することにも繋がりますので、歯周病の疑いがある方や歯周病を予防したい方は、歯科医院に早めに相談しましょう。

image11.jpeg

 

 

一般歯科について
小児歯科について
審美歯科について
矯正歯科について
義歯について

 

口腔外科について
マウスピースについて
POICWATERについて
レーザー治療について

 

口腔内カメラについて
訪問診療について
麻酔について
滅菌について