義歯


虫歯や歯周病で歯を失ってしまい、咬むことができなくなると、咬み合わせのバランスをくずしてしまいます。
また、食べにくくなり、話しにくくなってしまいます。
歯を失ってしまった場所に義歯(入れ歯)を入れることにより咬み合わせの機能が回復して、食べること、話すことができるようになります。
義歯には大きく分けてブリッジと有床義歯があります。

 

ブリッジ

g-1.pngブリッジは、セメントなどで歯に固定し、取り外しを行わない義歯です。
装着感は良好ですが、周りの歯牙を削る必要があり歯に大きな負担がかかります。
また、使用する材料によって保険適用の有無、費用も異なります。

 

 

有床義歯

患者様がご自身で取り外しを行う義歯です。支えになる歯をあまり削る必要がありません。
ただ、異物感があり、慣れが必要になってきます。またこちらも使用する材料によって保険適用の有無、費用が異なってきます。

 

保険適用入れ歯

g-2.pngピンク色のプラスチック(樹脂)で作られている、比較的ポピュラーなタイプの義歯です。クラスプ(バネ)が銀色のため審美性が低いです。
長年使うことによってクラスプ(バネ)がゆるくなったり、折れたりすることがあります。
強度が低いため、厚みが必要となり違和感を覚えることがあります。

 

 

金属床義歯

g-3.png上アゴに被さる部分や下アゴの舌の触る部分が金属で作られています。
汚れがつきにくい性質があり、樹脂に比べ強度があり薄く小さく作成するこができるので、発音にほとんど支障をきたすことなく会話が可能です。
また熱の伝わりがいいため、レジン床に比べてかなり違和感は小さく、味覚も感じやすくなります。

 

 

ノンクラスプデンチャー

g-4.png義歯床の一部がシリコンで作られています。非常に柔らかく刺激が少ないので、口内に痛みを感じることはほとんどなく、咀嚼がスムーズです。
ほとんど全ての症例に対応できる非常に有効範囲は広いものの、汚れが付きやすく、2年ほどで劣化してしまうので耐久性の面でデメリットがあります。
金属性のバネがなく見た目がきれいです。

 

 

磁石を使用した義歯

g-5.png金属のバネのかわりに、磁石の引っ張りあう力を利用した入れ歯です。
残っている歯に引っかける、わずらわしいバネなどがないので、装着、取り外しが容易に行えます。
また、装着中はコンパクトながら強力な磁石により、ずり落ちることなくがっちりと固定されますので、思う存分食事や会話を楽しめます。
また、バネがないので審美的にも優れています。

 

 

取り外しの入れ歯のメンテナンスに関して

調整

g-6.png装着後は入れ歯が強く当たって痛みが出たり、噛み合わせがうまくいかない、ゆるくて外れてしまう、しゃべりにくいなどの問題が起こる場合があります。
そのような問題点を解消して快適に入れ歯を使用するためには、通常数回の調整が必要になります。
自分で直そうとしたり調整しようとすることは、トラブルのもとになりかねるので、日常生活の中でなにか問題があればすぐにご相談ください。

 

 

入れ歯は清潔に

G-7.png入れ歯は毎食後はずして必ず洗ってください。
寝る時に入れ歯を外す場合は、洗浄剤などを使って、丁寧に洗ってケースなどに入れて保管してください。
義歯を長く使用するためには大切なことです。

 

 

義歯専用の歯ブラシや洗浄剤を用意していますので、ご相談ください。

g-8.png

 

一般歯科について
小児歯科について
審美歯科について
矯正歯科について
義歯について

 

口腔外科について
マウスピースについて
POICWATERについて
レーザー治療について

 

口腔内カメラについて
訪問診療について
麻酔について
滅菌について